毛穴ケアとはどのようにするべきか

美容の大敵、毛穴のよごれの正体は洗い落とせなかった古い角質、皮脂が毛穴の中に入って黒く変色してしまったものです。
ですから、毛穴が大きく開くようになってしまうと、この汚れは溜まりやすくなります。
この汚れは洗顔石けんではなかなか落とせないので、きちんと毛穴ケアをしなくてはなりません。
毛穴ケアの方法として効果的なのは温めてふやかす、そして油で落とすと言うことですと言うことです。
毛穴に溜まった汚れ、特に角栓のようなものは固くてなかなか取り出せません。
ですから、蒸気などで毛穴を開き、皮脂を柔らかくしてから油で溶かして洗い落とすとすっきりと汚れを落とすことが出来ます。
このとき、気をつけなければならないのはごしごしとこすることです。
こすれば汚れが落ちると思いがちですが、肌というのはとてもデリケートでこすって炎症になる危険性もあります。
汚れを落とすときに使う油としてはオリーブオイルが最適だとされています。
エキストラバージンオイルのように上質で純度の高い油ならば皮脂を溶かすのに最適です。
そして、毛穴ケアをして汚れを落とした後はちゃんと毛穴を引き締めなければ、汚れがなくなって開いた毛穴にまた汚れが溜まってしまいます。
毛穴をしめるにはビタミンC誘導体がいいということなので、ビタミンC誘導体配合の化粧水を買ってきて最後の仕上げをしておきましょう。